COSMOSTAR ER-115M についてぐだぐだ言ってみる 

2009/05/08 (ブログよりスピンオフ) 2011/09/19加筆訂正


ヤフオクで安く落とした廉価版望遠鏡 COSMOSTAR ER-115M をブログネタに使っていたら意外なほど検索ヒットがありました。
諸元などwebのどこにも公開されてないしインプレッションなどもちろん皆無、いろんな夢を持ってこれを手にした天文初心者の皆さんが捜した末にたどり着いたのかな?と記事にしました。 ブログ記事はこちら
需要があるみたいなのでwebサイトに加筆して置いておきます。参考になればいいなぁ。

COSMOSTAR とかスペースアロー ER-115Mとはどんな望遠鏡なのか?

望遠鏡界の影の主役ともいえる大一光学でOEM生産されている望遠鏡です。
位置づけは単刀直入に言って廉価版と思ってください。
個人的には玩具と入門機の中間やや入門機よりぐらいという感じと思っています、バリバリ本気の天体望遠鏡入門機の足下に何となく及んでいるくらいかな?(笑
似たような名前や形の望遠鏡が各社から出回っているのはOEMためですね。国内最大手の望遠鏡メーカー ビクセンでもOEMを受けて自社ブランドとして展開しています、それがCOSMOSTER ER-115M や スペースアローER-115M と言うわけです。 
COMOSTARもスペースアロー も同一とみて差し支えないでしょう。ACTION や ファミリー ブランドのER114M 等もほぼ同等のOEM製品だと思いますが未確認です。
この望遠鏡、廉価版ゆえにイメージと雰囲気を重要視したパッケージングと販促を行っているようです。
ビクセンのwebサイトに何一つ情報がでていないしぐぐってもヒットするのはこのブログ記事と激安量販店のサイトとヤフオクの出品ばっかりということで察しはつきますが、まぁ、そんなスタンスの望遠鏡です。玩具クラス望遠鏡と本気クラス望遠鏡の中間といったところでしょうか。実際のホームセンターとかディスカウントショップでもよく売っていますネ。

R-114Mという”E"が抜けてる鏡筒もありますが、これは使用パーツがややまともなものですね。ERのEはエコノミーの略かな?たぶんビクセンでは型番がSRになると放物面鏡だとおもいますが、それはちゃんとした望遠鏡なのでホームセンターにはまずおいてありません。

さてこのER-115M、入門機としたら価格的性能的ににちょうどいいと見るか本式の望遠鏡として考えると中途半端な作りは結局無駄になるとみるかは実に微妙。また入門機としては一応あるレベルはクリアしているのですが光軸やミラーのメンテナンスに若干気を使う反射望遠鏡というのは少々不安があるといえばあります。
このあたりも何を言っているのかわからなく、まだ入手していないのでしたらすこし望遠鏡について予備知識を持ってからのほうがいいかもしれません。
すでに手元にあるならば、えぇ〜めんどくさいしわけわかんねぇ、つかえねぇよ・・・とネガティブにならずに壊れてもいいやぐらいな気持ちで(というか壊れるもんじゃ無いですが)教材として望遠鏡の構造や仕組みや使い方を習得する良いチャンスと前向きに考えましょう!



鏡筒部:



倍率が気になるひとはまずは望遠鏡の性能とはなにかを調べた方がいいでしょう。
天体望遠鏡は極論すれば0倍〜無限倍まで倍率は思うがままに設定できます、裏返せば倍率の高低にこだわりすぎるのはナンセンスと言うことですよね。
ざっくり言って口径cm×1.5倍が最低倍率、×20倍ぐらいが最高倍率と言われています(まぁ使う光学系や気象状況・観測対象によってかけられる最高倍率は変わってくるのですが)
要はこの範疇で綺麗に見える倍率を使えばいいわけ。
ぶっちゃけた話をすると、しばらく使用したところこのER-115Mの光学系の実力は口径cm×8倍(つまり100倍弱)あたりでいっぱいいっぱいでした。
100倍以上で急に見てられない像になると言うわけではないですけど、多少目の肥えた観測者が覗くと収差が目につきだしてうーん・・・となりますね。
はい、ここで「なーんだ100倍も出せないんじゃたいした望遠鏡じゃないな」なんて思ってはいけません。
なぜか高倍率こそ望遠鏡の命みたいな風潮が一般社会に広まっていますが、中低倍率で星雲星団を流すのにはなんら問題はなくある程度口径が大きくて色収差が無いのでそれなりに楽しいですよ(もっとも明るい街中で星雲星団を巡回するのは大変かも知れませんが・・・)
100倍あれば月惑星もそれなりに楽しめます。そりゃもっと大口径で高倍率に堪える望遠鏡を知ってしまったらもの足らないけどこれはこれでと割り切れば使えないわけでもない。
それじゃやだやだ〜というひとはグダグダ言わずにいますぐ20万円ぐらい持って望遠鏡専業ショップへ行ってください。
そもそも4万円の望遠鏡ですから・・・

さて、接眼部ですが24.5mm専用というのは現状31.7mmのアイピースが主流ということを考えると拡張性がすくなく少々つらい。
またこの機体で31.7mmアイピースを買い足すほど天文にはまったならば私は丸ごと全部の買い換えを勧めます。
おそらくあと数年でパーツとして買い足せる24.5mmサイズのまともなアイピースは供給が終わりますからすでに持っていたりこれから買おうとする人はそのつもりで。

そのほか各部パーツは基本的に樹脂製(エンジニアプラスチックというんでしょうか)ですがきちんと作られていて意外と使えるというのが実感です。
わたしも実際3ヶ月ぐらい(鏡筒のみですが)サブ機として観望に使っていました。
ただし、私の場合31.7mmサイズアイピースに対応できるように改造して手持ちのそれなりのものを使っていましたのでこの機種に付属のアイピースを使っていたらサブ機にこの期間使っていたかどうかはわかりません。
入手した機体の付属品は欠品していたのですが、販促画像等から察するに望遠鏡本体の性能を落とす可能性が高いコストダウンの固まりなアイピースが付いているような気がします。
本体自体はわりと使える性能なのにここで手を抜いているとしたらいろいろな意味で残念ですね。

と、ここまで読んでニュートン式反射望遠鏡ってなによ?レベルの天文知識ではこの望遠鏡を使ってもいきなりつまずいて、なにこれどっからのぞくのよ?となり半年後には押入れ直行の確立が高いということも記しておきます。



架台:



まず廉価版なのでコストを抑えた作りの赤道儀に載っていると言うことを書いておきましょう。
予備知識がありませんと、なんかすごそうな立派な架台にみえますが本気で使うにはかなり貧弱な架台です。
それでも、なかなか押さえるところは押さえた”わかっている作り”をしていてそれなりに使えそうな仕上がりです。

しかし、赤道儀とはなにか?を理解していないユーザーが赤道儀をすぐに使いこなすのは(作りがいい悪い以前に)事実上不可能に近いでしょう。
天文趣味人が初歩の初歩の人に購入のアドバイスをするなら赤道儀はまず勧めません(人により考え方がちがうので何ですが、すくなくとも私は諸手を挙げてはすすめません)、そもそもこの形式の架台を使うにはある程度の天文基礎知識が必要です。


三脚:


低価格帯の望遠鏡では今も昔も変わらない三脚の強度不足。
現実的に一番短い状態でないと強度的に使える状態ではありません。
実は、天体望遠鏡とゆーのは上(光学系)と同じぐらい下(架台と三脚)にコストをかけないとまともに運用できないのです。
んなわけで伸ばして使うには決定的に強度不足です。強度が落ちるのならコストがかかる伸縮式にしなけりゃいいのにとは思いますがネ。
短くして使うなら何かに腰かけてみるとちょうどいい高さになるのだけれど、販促画像にあるように一般の人がイメージする望遠鏡とちょっと離れたシルエットにるので売るにしたらオシが足らないのかもしれない・・・




まー、こんな望遠鏡です。
実勢30,000円から40,000円くらいで売っているようですね。


うーん、天文畑に足をつっこんでいる人間から言わせると実に微妙な価格。
このクラスの商品は売れなければしょうがありません。
また買う方も”性能を買う”というよりも”夢を買う”という感じでしょうからマーケティング上見た目優先で本格的な望遠鏡らしく見せるために初心者では敷居が高い赤道儀仕様にしなければならないのも仕方ないことかもしれませんが・・・
しかし、同じ値段ならビクセンのサイトできちんと自社製品の望遠鏡としてラインナップされている口径は小さいけどもうすこしちゃんとした品のほうがいいだろうし、どうしても同じような反射望遠鏡がいいというならもう少しがんばってお金を出して後悔しないような性能と発展性のある機種を買ったほうがあとあと絶対幸せと言っておきましょう。



アドバイスする人によって考え方も違うので勧める機種も違ってくると思いますがこれだけは高確率で言えます。

どんな望遠鏡を買って天文趣味の入り口に立ったとしても天文予備知識と情熱がなければ月となんか明るい星と遠くの山とビルを見て終了、置き場所も困るしまた見るとき出せばいいと物置にしまったらもう二度と組み立てられずに3年後の大掃除の時に使い方もよくわからないしもう使わないからとヤフオクに出品されるかリサイクルショップに出される。

幸運にここから奥に入り込んでくる人は何パーセントいるのだろうか・・・

諸元など筆者推測の部分もありますがテキトーいい加減に書いていないのであながち間違ってないと思います・・・


もどる